偽眼瞼下垂の治療法

 

 老人性眼瞼下垂を思わせるような皮膚のたるみが起こり、開眼が重くなることもあります。
偽眼瞼下垂に属するこれらの状態は皮膚のたるみが眼瞼にあるのか、あるいはそれより上のおでこにあるのか??原因次第で対策が異なってくるため選択術式も変わってきます。 しかし、残念ながら患者様に最適な術式の殆どは保険治療ではみとめられていない治療になります。 当院の最大のメリットは形成外科専門医が眼瞼のたるみの原因を診断し、最適な治療法を提示することができることにあります。 保険治療にするのか、自費治療とするのか、それぞれのリスクとデメリットなど含めて納得のいく治療法が決まるまで患者様とよく話し合いをしながら決めていくことにしております。

 
皮膚のたるみ 眼瞼(睫毛から眉毛)のたるみ おでこ(眉毛から髪の生え際)のたるみ
眉毛の高さ 高い位置にある 低い位置にある
おでこのシワ +++ +
選択術式 1. 埋没法(クイック)

2. まぶたのたるみとり手術
          (切開重瞼)
3. 上眼瞼リフト
4. ブローリフト(眉毛リフト)

5. 前額部リフト(おでこのリフト)

1.埋没法

埋没法手術イラスト

埋没法手術診療ページ

 まぶたのたるみが少なければ、この術式が手っ取り早いかも知れません。 施術前に比べ視野も広がりますが、まぶたのたるみとり手術には劣ります。 皮膚のたるみを折りたたむだけなので、おでこの動きは取り除ききれません。

2.まぶたのたるみとり手術(切開重瞼)

まぶたのたるみとり手術イラスト

まぶたのたるみとり手術診療ページ

 老人性眼瞼下垂は眼瞼挙筋の動きは悪くないにも関わらず、まぶたの皮膚のたるみが強く、瞳にかかってしまった状態です。第6章をご参照下さい。 埋没法では対応の難しい皮膚のたるみが存在する場合が適応になります。

3.上眼瞼リフト

上眼瞼リフト手術イラスト

上眼瞼リフト手術診療ページ

 まぶたのたるみとり手術が適応の方で目元の印象を変えることなくたるみの解消をしたい方が適応です。生来二重だったのに、加齢に伴い奥二重になってしまった方、或は逆に生来一重だったためまぶたのたるみとり手術により二重になりたくないという方にお勧めです。

4.ブローリフト(眉毛挙上術)

ブローリフト手術イラスト

ブローリフト手術診療ページ

 まぶたのたるみというよりもおでこのたるみが強く、眉毛が本来あるべき位置よりも下がってしまったためまぶたの皮膚がたるんでしまっているように感じる方にお勧めです。眉毛の直上を切ることで眉毛を引き上げます。これによりまぶたのたるみは解消されます。

5.前額部リフト

前額部リフト手術イラスト

 おでこの皮膚全体がたるみ、おでこ全体が下にさがることでまぶたを圧排してしまっている方にお勧めです。しかし傷が長く、術後の合併症もあるため他の方法で改善できない場合に施術を行っております。

第8章は筋肉が弱っているタイプ(先天性眼瞼下垂、真性眼瞼下垂)の治療法の説明になります。

お問い合わせはこちら

営業日カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2018年01月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カレンダーここまで
ページトップへ

このサイトに掲載している文章・写真などの情報の無断転載を禁止します。著作権は四谷見附クリニックに帰属します。
また、サイト内に掲載している治療の実例以外の写真はモデルイメージです。また、治療の実例写真については個人差がございますので、必ず医師にご相談ください。

Copyrightc Yotsuya Mitsuke Clinic. All Rights Reserved.