四谷見附クリニック

四谷見附クリニック

第8章先天性眼瞼下垂の治療法_メイン画像

筋肉が弱っているタイプ(先天性眼瞼下垂)の治療法

第3章で説明した通り、先天性眼瞼下垂 眼瞼挙筋の動きが悪いため眼瞼(まぶた)を上げることができず、眼瞼が瞳にかかってしまう状態です。 眼瞼の筋肉が弱っているタイプの眼瞼下垂の手術では、動きの悪い眼瞼挙筋の代わりに眼瞼を持ち上げる別の動力源が必要になります 。

先天性眼瞼下垂(強度)画像

筋膜移植法

 既に代償性に動いているおでこの筋肉である前頭筋の動きをより効果的に眼瞼(まぶた)に伝える手術が筋膜移植法になります。下図のようにおでこの筋肉(前頭筋)とまぶたの板(瞼板)に紫色で示すように筋膜を移植します。

筋膜移植法1画像

筋膜移植法2画像

こうすることで代償性に動く前頭筋の力が筋膜を通じて存分に眼瞼に伝わるので、目が楽に開くようになります。眉毛を上げれば上げるだけ、おでこを動かせば動かすだけ目を開くことができるようになります。図に表すとこんなところだと思います。

筋膜移植法3画像

 しかし、この術式も完璧なものではなく、残念なこともあります。前頭筋でまぶたを上げることになるため、必然と言えば必然ですがおでこのシワが残ります。また、おでこの筋肉を使うことで起こる鉢巻きに締め付けられたような頭痛などの症状が出ることもあります。また、筋膜移植法を行うと下を見る際どうしても上三白眼となってしまいます。通常は下の方を見ると眼瞼も下がり瞳の上の白い部分を覆い隠しますが、筋膜移植をして前頭筋で眼瞼を引っ張っていると眼瞼が上がったまま目玉(眼球)だけが下を向いてしまいます。少し奇妙な風貌となってしまいますが、視野を確保するためには仕方のないことなのです。
第9章は 瞼下垂手の症例写真を見てみましょう。

眼瞼下垂のご案内

ご予約はこちら 完全予約制

気になるお悩み、お気軽にご相談・お問い合わせください。

吉川院長

お電話でのご相談承ります
03-5360-7711
受付時間:10時?19時(日・水・祝日休診)

四谷見附クリニック

フォームからのご予約・ご相談はこちらへ
迷われましたらまずはご相談を。「費用のこと」「効果のこと」「品質・安全のこと」なんでもお聞きください。