まぶたのたるみとり

blepharoplasty  歳とともに被ってきたまぶたをすっきりとしたい

  • メス

まぶたのたるみとり

まぶたのたるみとり手術

歳とともに弛んできたまぶたのたるみをとる手術です。埋没重瞼(埋没法/クイック)という糸で縫うだけの切らない二重手術でたるみをとることもありますが、皮膚のたるみが多くなると埋没重瞼では対応が難しくなります。皮膚の状態、眼の開きなどを考慮した上でダウンタイムは伴いますが「まぶたのたるみとり」を施術した方が良いことがあります。またたるみをとるだけでなく、目も大きくパッチリする「目力アップ」手術もあります。

当院のまぶたのたるみとりの特徴

  • 痛みが怖い方は痛くない方法で麻酔をすることができます。

  • 脂肪除去も必要あれば追加料金無しで行います。

  • 髪の毛よりも細い糸で形成外科的に丁寧に縫合。傷痕が目立ちません。

まぶたのたるみとり施術概要および効果・効能

施術概要

術後自然になるようにデザインし、目頭から目尻まで皮膚切開を入れます。この切開より眼輪筋や脂肪などの余剰な組織を取除きます。形成外科的に縫合処理をすることで、傷は殆ど目立たなくなります。

効果・効能

おでこのシワがなくなり、まぶたが開きやすくなる。視野も広がり、目元が断然若返ります。

まぶたのたるみとり、施術に関して

施術時間 40分
施術後通院 1週間後に抜糸、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月後の検診
麻酔法 局所麻酔(まぶただけに麻酔)、場合により静脈麻酔
ダウンタイム 腫れ1〜2週間(個人差あり)
メイク キズ周りを除けば翌日より可
洗顔 キズを濡らさなければ当日より可
入浴 体が温まりすぎない程度であれば当日より可

その他の注意点

※まぶたのたるみとり施術後、内出血が強く起こった場合、色素消失に2〜3週間必要となることがあり ます。

※まぶたのたるみとり施術後は腫れが強く起こるため、一時的に二重の幅が想像以上に大きくなります。腫れの軽減とともに自然な二重になります。


施術料金

まぶたのたるみとり

施術料 \300,000+税

この他に初診料3,000円+税、再診料1,500円+税がかかります。

自費診療については、各種クレジットカードがご利用頂けます。

取り扱いクレジットカード

お問い合わせはこちら

お悩みから探す
ページトップへ

このサイトに掲載している文章・写真などの情報の無断転載を禁止します。著作権は四谷見附クリニックに帰属します。
また、サイト内に掲載している治療の実例以外の写真はモデルイメージです。また、治療の実例写真については個人差がございますので、必ず医師にご相談ください。

Copyrightc Yotsuya Mitsuke Clinic. All Rights Reserved.