眼瞼下垂の原因とタイプ

 第2章の目の周りの解剖を理解できたら、眼瞼下垂の種類を理解するのはそう難しいことではありません。 模式図と照らし合わせながら考えてみて下さい。
眼瞼は2枚構造からなっており、正常に眼瞼を上げることが出来る場合は第2章の通りです。

模式図閉眼


模式図開眼

解剖図と模式図を照らし合わせながら考えると分かり易くなってきませんか?

1.筋肉と瞼のつながりが弱いタイプ(腱膜性眼瞼下垂)

腱膜性眼瞼下垂_解剖図と模式図

腱膜性眼瞼下垂

 腱膜性眼瞼下垂の場合オレンジ色の眼瞼挙筋は元気よく引っ張っていますが、水色の紐が外れてしまっています。赤色のバネ(ミュラー筋)は弱いので伸びてしまい、灰色の板をひき上げることが出来ません。 赤色のバネも頑張って縮もうとしてはいますが力不足。仕方なく緑色の前頭筋が参加して紫色の板を引き上げます。
 眼瞼下垂の程度により様々ですが、水色の紐の付着部が少し伸びているだけのこともあれば、模式図の様に完全に離れてしまっていることもあります。その繋がり次第でミュラー筋と前頭筋の身代わり運動の負荷が変わってきます。

第5章腱膜性眼瞼下垂ページへ

前頭筋が動く 眉毛が上がりおでこにシワ
見た目が老ける
鉢巻きで締め付けられた様な頭痛が起こる
ミュラー筋が動く 頭痛
肩凝り首凝り
自律神経失調症
 それぞれの症状については次の第4章 眼瞼下垂の症状で詳しく考えてみましょう。

2.皮膚にたるみがあるタイプ(老人性眼瞼下垂)

老人性眼瞼下垂_解剖図と模式図

 老人性眼瞼下垂眼瞼皮膚弛緩症(皮膚のたるみが多い状態)はオレンジ色の眼瞼挙筋がしっかりと引っ張り上げているため、灰色の板はしっかりと上がっています。 しかしその前側にある紫色の板が弛んで伸びてしまい、灰色の板を乗り越えて垂れ下がってしまっています。軽い時はまつ毛に紫の板がのる程度ですが、重症になるとまつ毛を内側に押し込み「逆さまつ毛」となることがあります。また、瞳が隠され視野も狭くなります。 実際には加齢に伴い起こるため、水色の紐の付着部も経年変化として緩み、腱膜性眼瞼下垂を併発していることを多くみとめます。

第6章老人性眼瞼下垂ページへ

 加齢とともに瞼の皮膚はたるみ、誰でもこのような状態になってきます。 生まれつき一重で目が腫れぼったい人も病的ではありませんが、どちらかというとこれに近い状態です。

3.筋肉が弱っているタイプ(先天性眼瞼下垂、真性眼瞼下垂)

先天性眼瞼下垂_解剖図と模式図

先天性眼瞼下垂軽度

 先天性眼瞼下垂とはオレンジ色の眼瞼挙筋がひ弱な場合のことをいいます。そのため力不足で1人では灰色の板が持ち上げることができません。その代わりとして赤色のバネ(ミュラー筋)と緑色の前頭筋が頑張ります。オレンジ色の眼瞼挙筋がひ弱な原因は様々で、筋肉自体が弱い場合もあれば、筋肉を動かす神経に障害がある場合などもあります。眼瞼挙筋とミュラー筋に負荷がかかるので腱膜性眼瞼下垂と同じような症状が現れることになります。

先天性眼瞼下垂ページへ

お問い合わせはこちら

営業日カレンダー

2017年09月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カレンダーここまで
ページトップへ

このサイトに掲載している文章・写真などの情報の無断転載を禁止します。著作権は四谷見附クリニックに帰属します。
また、サイト内に掲載している治療の実例以外の写真はモデルイメージです。また、治療の実例写真については個人差がございますので、必ず医師にご相談ください。

Copyrightc Yotsuya Mitsuke Clinic. All Rights Reserved.