眼瞼下垂とは

ここ数年 『眼瞼下垂』がメディアで度々取り上げられるようになってきたため、一般の方にも知れ渡る程浸透してきました。 この発端となったのは信州大学形成外科の松尾教授が肩凝りや頭痛に悩む患者様の眼瞼下垂を治すとこういった症状から解放されることを発見し、色々な場で発表されたからです。

眼瞼下垂(がんけんかすい)とは正面を向いている状態でまぶたが瞳(黒目)の上まで上げられない状態のことをいいます。まぶたが瞳孔まで被さると視野が狭くなり、前が見にくくなります。 自覚症状を一言でいうと「目が開きにくい」、「目が重い」、「視野が狭い」ということになります。

眼瞼下垂の程度による分類

眼瞼下垂の程度差【第1章】

正常な開眼
 瞳は全体の80%ほど露出し、瞳孔(瞳の中の黒い部分)は100%露出している状態。
軽度下垂
 眼瞼(まぶた)が下がり、瞳孔に少しかかるようになった状態。
中等度下垂
 眼瞼が下がり、瞳孔中央近くまで下がってしまった状態。
強度下垂
 眼瞼が下がり、瞳孔中央を超えて更に下がってしまった状態。

眼瞼下垂の種類

眼瞼下垂には先天性眼瞼下垂(生まれつきの眼瞼下垂)、後天性眼瞼下垂(生まれた時は普通だったが、その後まぶたが下がってきた状態)、偽眼瞼下垂(眼瞼下垂ではないが、一見そのように見える状態)に分類されます。原因や程度により治療法や治療効果が異なります。

先天性眼瞼下垂
 (生まれつきの眼瞼下垂)
単純性眼瞼下垂
眼瞼縮小症候群
動眼神経麻痺   など
後天性眼瞼下垂
 (生まれた時は普通だったが、
  その後まぶたが下がってきた状態)
腱膜性眼瞼下垂
老人性眼瞼下垂
コンタクトレンズ性眼瞼下垂
動眼神経麻痺
重傷筋無力症
外眼筋ミオパチー
Horner症候群
外傷性眼瞼下垂   など
偽眼瞼下垂
 (眼瞼下垂ではないが、
  一見そのように見える状態)
眉毛下垂
眼瞼皮膚弛緩症
眼瞼痙攣   など

先天性眼瞼下垂
生まれつきまぶたが下がっている状態で、目が細く視野が狭いのが特徴です。殆どの場合は視力に問題ないと考えられていますが、弱視先天性眼瞼下垂はまぶたを上げる(目を開ける)筋肉である上眼瞼挙筋(じょうがんけんきょきん)の発育不足やその筋肉を動かす神経(動眼神経)の発達異常によるものと考えられています。

後天性眼瞼下垂
もともと普通にまぶたが開いていた人が徐々にまぶたが開かなくなってしまった状態です。後天性眼瞼下垂の殆どは長い年月かけて少しずつまぶたを上げる腱膜に緩みが生じてしまうことにより生ずる腱膜性眼瞼下垂(けんまくせいがんけんかすい)と考えられています。加齢に伴い目が小さくなった場合の殆どはこれにあたりますが、ハードコンタクトレンズの長期使用や白内障、緑内障などの眼科的手術の後にも生じることもあります。 先天性眼瞼下垂のように神経や筋肉に原因があることは少ないです。

偽眼瞼下垂
本当は眼瞼下垂ではないのですが、眉毛下垂や眼瞼皮膚弛緩症など眼瞼下垂と同じような症状が生ずる状態で、一見眼瞼下垂のように感じてしまう状態です。

次の第2章眼瞼の解剖としくみについて考えてみましょう。

お問い合わせはこちら

営業日カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2018年01月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カレンダーここまで
ページトップへ

このサイトに掲載している文章・写真などの情報の無断転載を禁止します。著作権は四谷見附クリニックに帰属します。
また、サイト内に掲載している治療の実例以外の写真はモデルイメージです。また、治療の実例写真については個人差がございますので、必ず医師にご相談ください。

Copyrightc Yotsuya Mitsuke Clinic. All Rights Reserved.