クマ治療のあれこれ

東京で目の下のクマ治療なら四谷見附クリニック

みなさまこんにちは。
今回は最近多いご相談の1つ目の下のクマについてのお話です。

目の下のクマ・・・仕事帰りの電車の中でふと窓に映る自分の顔を見てビックリすることもあると思います。
クマがあるだけで疲れて見えたり、老けて見られたりすることも・・

そんなんクマの治療についてのお話です。

当院では【黒クマ】【茶クマ】【青クマ】とタイプを3種類に分けて治療を行っております。

①黒クマ・・目の下の凸凹によって影ができるものです。
治療としてはヒアルロン酸で凹凸を平らにしたり、手術により目の下の余分な皮膚や脂肪を取る方法があります。

②茶クマ・・シミ、くすみなどのメラニンによる色味が原因です。
治療としてはQスイッチヤグレーザーなどを用いてメラニンの沈着を徐々に改善していくレーザーリジュビネーションが有効です。低出力レーザーのため、治療後お化粧をしていただけます

③青クマ・・目の下の皮膚が薄く、毛細血管が透けて見えたり、血行不良などにより血液が鬱滞していることが原因です。
治療としては毛細血管を減少させるために色素レーザー(Vビーム)や血行を良くするための高周波治療(ペレヴェ)が有効です。


いかがでしたでしょうか。
目の下のクマと言っても様々な原因があります。
ご自分のクマは一体どれになるのかご自身での判断は難しいと思います。
ご診察時に状態を拝見した上でその方がどのクマなのか見極め、適切な治療をご提案いたします。

クマにお悩みの方は是非一度ご相談ください!


ご予約、お問い合わせはお電話03−5360−7711またはメールフォームよりお願いいたします。


ページトップへ

このサイトに掲載している文章・写真などの情報の無断転載を禁止します。著作権は四谷見附クリニックに帰属します。
また、サイト内に掲載している治療の実例以外の写真はモデルイメージです。また、治療の実例写真については個人差がございますので、必ず医師にご相談ください。

2011 Copyright© Yotsuya Mitsuke Clinic. All Rights Reserved.