ホクロ

治療に関して

大きくなってきたホクロをとりたい

俗に言われる「ホクロ」というのは医学的にいうと「母斑細胞母斑ぼはんさいぼうぼはん」あるいは「色素性母斑しきそせいぼはん」で、それらの小さなものを「ホクロ」と呼んでいます。

本来、メラニン(色素)を作るメラノサイトという細胞が出来上がる過程で分化しきれずに中途半端な状態にとどまったものが母斑細胞ぼはんさいぼうであると言われています。一般的には遺伝はしないとされています。

参考までに大きさにより以下のように呼ばれ方が変わります。

数mm〜1cm
黒子(ホクロ)
1cm〜20cm
黒アザ
20cm以上
巨大母斑細胞母斑

ホクロは年齢とともに次第に増加していきます。 歳とともに退色して脂肪や繊維の組織に置き換わることもあると言われています。

よくシミが増えてきたから気になるということで来院される患者様がいらっしゃいますが、そのシミの半分近くが「ホクロ」の方もいらっしゃいます。昔はなかったにも関わらず最近発生してきたからシミと思い込んでいる方が多いというのが実情です。「ホクロ」は歳とともにどんどん増えていきます。

一般的に「ホクロ」は良性の皮膚腫瘍ひふしゅようであり、見た目が気にならなければ特に切除やレーザー治療をする必要性はありません。しかし、できる場所や状態(大きく盛り上がったりすること)により、引っかかったり出血をしたりすることがあります。そういった場合は治療をした方が良いと考えられています。

また、「ホクロ」であれば治療をする必要性はありませんが、ごく稀に皮膚の悪性腫瘍あくせいしゅようまぎれている場合があります。これらは必ず治療が必要になってくるので、まずは診断を受けることをお勧めいたします。

当院の特徴

  • ホクロを形成外科・皮膚科的に診断をして最適な治療をご提案致します。
  • 厚生労働省承認機の炭酸ガスレーザーを使用致しております。
  • 日本レーザー医学会認定施設なので御安心して施術をお受け頂けます。
  • 髪の毛よりも細い糸で美容形成外科的に丁寧に縫合し傷痕きずあとが目立ちません。

概要・効果

施術概要
炭酸ガスレーザーは水によく吸収される波長領域はちょうりょういきのレーザーを照射することで組織を切ったり削ったりします。ホクロ、イボ、盛り上がったシミの大きさや深さを問わず病変部びょうへんぶのみを正確に治療可能です。メスと違い線上の傷は残りません。 炭酸ガスレーザーはレーザーメスとしても使われており、眼瞼下垂症がんけんかすいしょうなどの手術でも使用する事があります。隆起性病変りゅうきせいびょうへんは再発する事もあり、再施術が必要となることもあります。
効果・効能
・膨らみのあるホクロ、イボ、シミを綺麗に除去します。

こんな方にオススメ

  • ホクロが盛り上がりひっかかるようになった方
  • ホクロから出血するようになった方
  • ホクロが大きくなり視野に入り邪魔になってきた方
  • 新しく出てきたホクロが良性か悪性か不安な方
  • ホクロとシミが増えて老けて見られるようになった方
  • ホクロとシミが増えて肌の透明感がなくなってきた方

施術の流れ

治療内容によっては診察当日の施術はお受けいただけませんのでご了承ください。

Step1:診察予約
お電話、メールにてご予約ください
Step2:ご来院
健康保険証のご提示、問診票の記入をいただきます。
Step3:診察
患者様のお悩みに合わせて治療方法や治療後の経過、ご料金についてお話をいたします。
Step4:治療
  • 施術室へご案内後、注意事項のご説明・同意書へご署名をいただきます。
  • お顔の施術前はメイクを落としていただいております。
  • また、体の治療の際はお着替え(巻きタオル)をお願いする事があります。
  • 経過が分かるように現在の状態のお写真をお取りします。
Step5:メイク直し
メイク直し(施術内容によっては不可)を希望される方はパウダールームへご案内いたします。
Step6:会計・予約
  • 自由診療では3,300円(税込)以上のお支払いにクレジットカードをご利用いただけます。(1回払いのみ)
  • ご希望の方は次回のご予約を承ります。

手術の場合は術前の採血検査が必要です。その為、初診当日の手術は行っておりません。

施術に関して

施術時間
5〜10分(大きさや数による)
施術後通院
2週間後に検診
麻酔法
局所麻酔
ダウンタイム
軟膏処置およびテーピングを2週間程必要とする
メイク
テープの上から可
洗顔
当日より可
入浴
当日より可

その他注意点

  • 施術後に熱傷後の様なヒリヒリ感をみとめることがあります。
  • ケロイド体質の方などは治療できません。 
  • 治療後2~3日間浸出液しんしゅつえきが出ます。
  • 施術後は一時的に色素沈着しきそちんちゃくを起こしますので処方薬を指示通り使用して下さい。
  • 施術後は日焼けし易く、色素沈着しきそちんちゃくを起こし易くなります。日焼け止めを塗り直射日光をなるべく避けて下さい
  • ホクロなどが再発する事があります。

施術料金

ホクロ(レーザー治療)

使用機器:炭酸ガスレーザー

  • 5㎜未満1個
    5,500円
    5㎜以上1個
    11,000円
  • 施術料金は「税込」表記になっております。
  • 自費診療については、3,300円(税込)以上のお支払い時に各種クレジットカードがご利用いただけます。
  • MasterCard
  • visacard
  • AMEXCard
  • JCBCard

院長よりアドバイス

ホクロは歳を重ねるごとに徐々に増えてきます。このため「シミ」と間違われる方も沢山います。顔にあるホクロは基本的にレーザー治療の対象になり、非常に綺麗にとれると言われています。しかし、実際には大きさや深さ、また存在部位によっては切除の方が好ましいこともあります。気になるホクロや色むらがどちらの手技でより綺麗に治す事ができるか一度ご相談下さい。

関連治療

お勧め治療

施術に関するQ&A

ホクロはレーザー以外の治療でも治療する事ができますか?
基本的に炭酸ガスレーザーを使用する事が多いです。しかし大きさ、深さ、存在部位によっては切除の方が綺麗にとれることがあります。また、色が薄く、小さな場合はシミとりレーザーを使用する事もあります。
麻酔などはどうしていますか?
レーザーの場合は希望があれば麻酔クリームや局所麻酔(注射)を施します。切除する際には必ず局所麻酔を施します。
1回の治療で完全に除去出来ますか?
切除術の場合は一度の治療で終了します。レーザー治療の場合は「ホクロ」の芯が深い場合に無理して一度で除去しようとすると、皮膚を深く削る事で凹みを生じる可能性があります。 その場合は2~3回に分けて凹みを作らないように治療をしております。
健康保険で治療は出来ますか?
切除法が適応になる「ホクロ」は当然健康保険が適応になります。 切除法よりもレーザー治療が良いと判断した場合は自費診療となる場合があります。 また、悪性の疑いのある場合、病理組織びょうりそしき検査も行っております。
ホクロをとった後の処置は?
切除術の後は被服材ひふくざいを創部に貼付して、そのまま経過をみて頂きます。抜糸は1週間後になります。レーザー治療の場合は1週間から10日程の間毎日創部そうぶに軟膏を塗り、茶色の目立ちにくいテープを貼って頂きます。

お問い合わせ・予約

    お問い合わせ種別
    新規/再診
    お名前 (必須)
    お名前フリガナ (必須)
    年齢(必須)
    電話番号(半角数字)
    ハイフン不要
    第一予約希望日:7月・8月 (必須)
    時間帯
    第二予約希望日:7月・8月 (必須)
    時間帯
    ご相談 (必須)
    二重眼瞼下垂シミホクロアザ赤ら顔歯ぎしりクマ美肌リフトアップボトックスヒアルロン酸脱毛その他
    ご相談詳細

    送信ボタンクリック後確認画面は表示されません。 上記内容にて送信いたします。よろしければチェックを入れてください。