陥没乳頭

Breast - inverted nipple  凹んだ乳首を治したい、授乳をしたい

  • メス
  • 一部保険適用

陥没乳頭手術

 陥没した乳頭(乳首)を表面に出して治す手術です。生まれつきあるいは成長の過程で凹んでしまった乳首を表面に出し、放置することで起こりえる授乳時のトラブルや乳頭の炎症・乳腺炎を防ぎます。見た目を整えるだけではなく、衛生面や将来的なトラブルを考慮しての治療になります。
  ※仮性陥没乳頭(刺激を与えると表に出てくる)の場合は大きな問題はありません。
 一般的には乳輪も切開して、陥没している乳頭を裏側から押し上げる手助けをします。乳頭の平均的なサイズは高さ、直径ともにおおよそ8ミリですが、乳房や乳輪のサイズに合わせて作成することも可能です。 母乳の通路である乳管は傷をつけずに形成するので、授乳への影響も心配ありません。 (乳管を切除して授乳機能を残さない方法もあります。) 乳頭を表面に押し出すことで理想の大きさの胸を作ります。魅力的な胸はすっきりと洗練された女性らしい印象を与えます。
 当院では患者様に最も適する理想的なバストを追求するため、それぞれのメリット・デメリットをご理解して頂いた上で治療を行います。

当院の陥没乳頭手術の特徴

  • 局所麻酔を行うため痛みが怖い方も安心して施術を受けて頂けます。

  • 痛みが不安な方には御希望により静脈麻酔をすることも可能です。

  • 熟練した医師が御希望通りの乳頭を作り上げます。

  • ライフスタイルを考えた上で手術法をお選び頂きます。。

陥没乳頭手術:施術概要および効果・効能

治療概要

局所麻酔をすることで痛みを完全に除去する事が可能です。年齢や乳輪の大きさなど、現在のバストの状態に合わせて適切な方法を選びます。御希望の乳頭を形成するように施術致します。手術は乳管を切る方法と切らない方法があり、ライフスタイルによって術式を選択します。

効果・効能

凹んだ乳頭を表面に、形が気になる乳頭は綺麗な形に形成します。乳管を傷つけないよう施術するので、授乳機能は損なわれません。御希望の乳頭を自然になるよう形成することができます。

陥没乳頭手術:施術に関して

治療時間 30分
施術後通院 1週間後に抜糸
麻酔法 局所麻酔、静脈麻酔
ダウンタイム 腫れ1週間程
メイク 当日より可
洗顔 当日より可
入浴 シャワーで患部を濡らさなければ当日より可

その他の注意点

※陥没乳頭手術は内出血が強く起こった場合、1〜2週間内出血が残る事があります。
※陥没乳頭手術は創部を濡らさないように1週間テーピングすることになります。
※陥没乳頭手術後1ヶ月間は、締めつけの強い下着は着用しないでください。
※陥没乳頭手術は乳管を切らない手術法であれば、授乳への影響はありません。
※陥没乳頭手術後に感覚が鈍ることは基本的にはありません。
※陥没乳頭手術はとても小さな切開で施術するため、傷跡はほとんど目立ちません。

施術料金

陥没乳頭(仮性)   (片側) ¥160,000+税
真性陥没乳頭(授乳困難など) 保険適用

※この他に初診料3,000円+税、再診料1,500円+税がかかります。

自費診療については、各種クレジットカードがご利用頂けます。

取り扱いクレジットカード

吉川院長からのアドバイス

魅力的な乳房を手に入れたい方に最適です。女性らしい自然な乳房に仕上がります。

  • 乳頭が陥没しており、刺激を与えても表面に出てこない方
  • 授乳への影響が気になる方
  • 乳頭のかゆみ・炎症が気になる方
  • 乳頭の形を整えたい方

お問い合わせはこちら

お悩みから探す
ページトップへ

このサイトに掲載している文章・写真などの情報の無断転載を禁止します。著作権は四谷見附クリニックに帰属します。
また、サイト内に掲載している治療の実例以外の写真はモデルイメージです。また、治療の実例写真については個人差がございますので、必ず医師にご相談ください。

Copyrightc Yotsuya Mitsuke Clinic. All Rights Reserved.