鼻翼縮小術

rhinoplasty - biyokusyukusyou 大きな鼻を小さくしたい

  • メス

鼻翼縮小術

鼻の大きさ鼻孔の大きさが気になる方にお勧めなのがこの鼻翼縮小手術です。  スッとした奇麗な鼻は顔全体の上品さや洗練された知的な印象を作り出します。鼻の大きさや鼻孔の大きさが気になる時に、シャープな鼻を形成するのが鼻翼縮小術です。鼻先と小鼻の幅の理想的なバランスは1:2と言われています。鼻だけのバランスのみならず目の大きさや目の間の幅などとのバランスも考慮した上での施術が必要になります。その人に一番適した細さ及び高さを提案させて頂きます。

鼻翼縮小術前術後比較1 鼻翼縮小術前術後比較2

当院の鼻翼縮小術の特徴

  • 静脈麻酔を用いての手術なので痛みが怖い方も安心です。
  • 顔全体のバランスを考慮した上で鼻の大きさをご提案致します。
  • 髪の毛よりも細い糸で形成外科的に丁寧に縫合。傷痕が目立ちません。
  • 鼻孔内の切開の場合は傷痕が目立ちません。
  • 必要に応じて鼻尖縮小術も併用いたします。

鼻翼縮小術の術式の種類および適応

外側法: 鼻翼が広がっているが、基部(根元)がしまっている場合鼻翼に切開をデザイン 鼻翼縮小術外側法

内側法: 鼻翼が広がっており、かつ基部が末広がりな場合鼻孔内に切開をデザイン 鼻翼縮小術内側法

鼻翼縮小術施術概要および効果・効能

治療概要

鼻孔内あるいは鼻翼に切開をデザインして余った皮膚を取除きます。大きな鼻を小さくするため、皮弁という筋肉及び皮下組織の固まりを鼻柱の方へ引っ張り縫い付け、広がった鼻翼を締めます。形成外科的に丁寧にきずは縫合として、奇麗な鼻を作り上げます。

効果・効能

丸く気になる鼻を小さく、ホッソリとした目だたない鼻にします。知的で洗練された顔立ちを手に入れる事ができます。

鼻翼縮小術、施術に関して

治療時間 60分
施術後通院 1週間後に抜糸、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月後の検診
麻酔法 局所麻酔+静脈麻酔
ダウンタイム 腫れ1週間(個人差あり)
メイク 鼻周りを除けば翌日より可
洗顔 鼻を濡らさなければ当日より可
入浴 体が温まりすぎない程度であれば当日より可

その他の注意点

※鼻翼縮小手術は内出血が強く起こった場合、1〜2週間内出血が残る事があります。

※鼻翼縮小手術は1週間程腫れますが、腫れの軽減とともに自然な鼻先なります。

※鼻翼縮小手術は術後2〜3日間鼻孔周囲に多少の出血をみとめることがあります。

※鼻翼縮小手術は術後テーピングを1週間行いますが、テープかぶれなどを起こす事があります。


料金

鼻翼縮小術

施術料 \300,000+税

この他に初診料3,000円+税、再診料1,500円+税がかかります。

自費診療については、各種クレジットカードがご利用頂けます。

取り扱いクレジットカード

お問い合わせはこちら

お悩みから探す
ページトップへ

このサイトに掲載している文章・写真などの情報の無断転載を禁止します。著作権は四谷見附クリニックに帰属します。
また、サイト内に掲載している治療の実例以外の写真はモデルイメージです。また、治療の実例写真については個人差がございますので、必ず医師にご相談ください。

Copyrightc Yotsuya Mitsuke Clinic. All Rights Reserved.