茶アザに関して

治療に関して

茶アザ治療に関して

医学的には「扁平母斑」といいます。薄い茶色の“アザ”で盛り上がりなどはなく、平坦です。“アザ”の中での発生頻度は最も多いといわれており、“シミ”と勘違いされることの多い“アザ”の代表格です。成長に伴い徐々に肩、胸、腹部、臀部に生じてくるものは「ベッカー母斑」などと呼ばれ、毛も生えてきます。

しかし残念ながら茶アザはレーザー治療後も再発をすることを多くみとめます。再発する可能性があるけれども、レーザー治療に賭けてみたいという方には良い治療と思います。

使用する医療用レーザー

茶アザレーザー

当院ではJmec社のThe Ruby nano_Q、Cynosure社のMedLite C6およびCandela社のGentle Lase Miniを使用して茶アザの治療を行っておりますが、扁平母斑治療に健康保険が適用されるのは“ルビーレーザー”(当院ではThe Ruby nano Q)のみとなります。

一般的にアザ(茶色、青色)治療にはQスイッチルビーレーザー、Qスイッチヤグレーザー、Qスイッチアレキサンドライトレーザーを使用致します。これらのレーザーはメラニン(色素)によく吸収される性質をもっており、力を増幅する装置(Qスイッチ)をつけることによりメラニンを選択的に破壊します。

The Ruby nano_Qは従来のQスイッチルビーレーザーでメラニンに最も効果的な694nmの波長を照射が可能です。高出力の照射をすることでカサブタになるため、1週間のテーピング処置が必要となります。「扁平母斑」治療に唯一健康保険が適用される医療用レーザーになります。

は次世代のピコ秒レーザーにあたり、ルビーレーザーより少し深くまで入り込むアレキサンドライトレーザーで755nmの波長を有します。

メドライトC6 はQスイッチヤグレーザーにあたり、1064nmおよび532nmの2波長を出力することができます。シミに応じて波長を適切に使い分けることで効率よくシミ治療を行うことができます。

当院の特徴

  • アザの種類を正確に診断し、最適な治療法を提案します。
  • 日本レーザー医学会認定施設なので御安心して施術をお受け頂けます。
  • 必要があれば形成外科専門医が茶アザを綺麗に切除する外科的治療をご選択頂けます。
  • ダウンタイムを考慮し、ライフスタイルに合わせた施術をご提案させて頂きます。

概要・効果

施術概要
茶アザ治療はレーザー施術或いは外科的切除術をご選択頂けます。
効果・効能
茶アザがとれることにより、それまでコンプレックスだったアザから解放されます。

こんな方にオススメ

  • 茶アザが気になりコンプレックスに思っている方
  • 茶アザ治療をしたけれども経過にご納得されていない方

施術の流れ

治療内容によっては診察当日の施術はお受けいただけませんのでご了承ください。

Step1:診察予約
お電話、メールにてご予約ください
Step2:ご来院
健康保険証のご提示、問診票の記入をいただきます。
Step3:診察
患者様のお悩みに合わせて治療方法や治療後の経過、ご料金についてお話をいたします。
Step4:治療
  • 施術室へご案内後、注意事項のご説明・同意書へご署名をいただきます。
  • お顔の施術前はメイクを落としていただいております。
  • また、体の治療の際はお着替え(巻きタオル)をお願いする事があります。
  • 経過が分かるように現在の状態のお写真をお取りします。
Step5:メイク直し
メイク直し(施術内容によっては不可)を希望される方はパウダールームへご案内いたします。
Step6:会計・予約
  • 自由診療では3,300円(税込)以上のお支払いにクレジットカードをご利用いただけます。(1回払いのみ)
  • ご希望の方は次回のご予約を承ります。

施術に関して

施術時間
数分(施術範囲により異なる)
施術後通院
7〜10日後にかさぶた除去、1ヶ月後に診察
麻酔法
大きさによって塗る麻酔薬
ダウンタイム
1週間は照射部に軟膏とテープ
メイク
当日よりテープの上から可
洗顔
当日よりテープの上から可
入浴
当日よりテープをしたまま可

その他注意点

  • レーザーの施術直後に照射部に発赤をみとめることがあります。
  • レーザーの施術以外にも処方薬を指示通り使用して下さい。
  • レーザーの施術後も気を抜かずに直射日光をなるべく避けて下さい。
  • 極度の日焼けをしている方、日光過敏の方、てんかん発作の既往歴のある方、妊娠中の方などはレーザーの施術をお断りする場合があります。
  • 外科的切除術をご選択された方は初診日当日の手術は行っておりません。

施術料金

  • 施術料金は「税込」表記になっております。
  • 自費診療については、3,300円(税込)以上のお支払い時に各種クレジットカードがご利用いただけます。
  • MasterCard
  • visacard
  • AMEXCard
  • JCBCard

院長よりアドバイス

茶アザ治療は本当に難しい。何年レーザー治療に取り組んでも満足のいく結果が得られない分野です。現在の医療では確実に根治できる治療はまだありません。再発することが多い茶アザではありますが、レーザー治療後に最初を免れた患者様もいらっしゃいます。治療は痛みを伴い、その後も1週間程度は処置をする必要があります。色々と手を尽くしても再発することが多いのも事実です。それでも治療を試みたいと思われる方、できる限りのお手伝いをいたします。

関連治療

お勧め治療

施術に関するQ&A

お問い合わせ・予約

    お問い合わせ種別
    新規/再診
    お名前 (必須)
    お名前フリガナ (必須)
    年齢(必須)
    電話番号(半角数字)
    ハイフン不要
    第一予約希望日:11月・12月 (必須)
    時間帯
    第二予約希望日:11月・12月 (必須)
    時間帯
    ご相談 (必須)
    二重眼瞼下垂シミホクロアザ赤ら顔歯ぎしりクマ美肌リフトアップボトックスヒアルロン酸脱毛その他
    ご相談詳細

    送信ボタンクリック後確認画面は表示されません。 上記内容にて送信いたします。よろしければチェックを入れてください。