四谷見附クリニック

メインイメージ

巻き爪治療について(ワイヤー法代用)

YMC院長

(2012年2月23日 13:56)

巻き爪(まき爪)・・・痛いですよね。

爪が趾(指)の皮膚に食い込んでしまい、赤く腫れたことありませんか?基本的には化膿止め(抗生物質)を内服して、患部を清潔にすることで赤く腫れた状態は改善してきます。

このような状態は巻爪(まき爪)陥入爪(かんにゅうそう)が細菌感染(化膿)した状態になります。

爪クリップ1.jpg

今回はその原因一つである巻き爪(巻いてしまっている爪)を簡単に改善する治療法の紹介をします。

巻き爪(まき爪)治療には一般的な外科的手術や炭酸ガスレーザー治療、それにワイヤー法が有名ですが、実は形状記憶合金による簡単な治療があります。クリップ状になっているため、御自分で簡単に取り付けられ、自宅で自己管理できるのです。ワイヤー法の様に度々通院する必要がなく、非常に簡単です。これなら長く治療を続けられるのではないでしょうか??爪の厚さや固さによって治療に要する日数は異なりますが、自分で管理する事ができるので取っ掛かり易いと思います。

爪クリップ2.jpg

もしまた爪が巻いてしまい再発した場合でも、自分で取り付ければ良いので、いつでも自分で治療再開可能です。今まで諦めてきた方、こんな簡単な治療ご存知でしたか?難しいことはないので是非試してみては如何でしょう。

ご予約はこちら 完全予約制

気になるお悩み、お気軽にご相談・お問い合わせください。

吉川院長

お電話でのご相談承ります
03-5360-7711
受付時間:10時?19時(日・水・祝日休診)

四谷見附クリニック

フォームからのご予約・ご相談はこちらへ
迷われましたらまずはご相談を。「費用のこと」「効果のこと」「品質・安全のこと」なんでもお聞きください。