院長紹介

院長挨拶およびご紹介

私は日本形成外科学会認定専門医としての経験を生かし安心、安全の治療指針を順守し信頼関係を築く診療を目指します。

院長挨拶

平成10年より形成外科医として修練を積み、形成外科学会認定専門医のいるクリニックにて上質な医療を提供したいと思い開院に至りました。形成外科医の視点から見て、その培ってきた技術を生かした医療を提供したいと思います。御安心してレーザー治療をお受け頂けるよう、平成24年8月に日本レーザー医学会認定レーザー専門医およびレーザー指導医も取得しております。

ご相談に来られる患者様のお悩みやコンプレックスは十人十色です。しかし、そのお悩みやコンプレックスを解消することでは本当に明るい笑顔になります。その笑顔を見たいからこそ、できる限り患者様の立場に立ち、お気持ちを理解するように努め、十分なご説明をし、患者様と一緒に悩みやコンプレックスを解消するように精一杯努力致しております。できるだけ分かりやすく丁寧なご説明をさせて頂き、患者様の個性を生かした最適な治療を費用対効果も考慮した上でご提案させて頂きたいと考えております。実はこの行程が治療や施術よりも重要で、一番難しい事かも知れません。お一人でも多くの方の素敵な笑顔に出会うことができれば幸いに思います。

また、今までの経験から患者様が希望する施術があったとしても、それが不要な治療と考えられる場合にはお断りすることがあります。患者様の期待する効果が得られないと判断した場合も同様です。患者様にご満足頂けることを、最大の目標としているからこその対応と思って頂ければ幸いに思います。
患者様との長期間にわたる信頼関係を築き、QOL(Quality Of Life)の向上、つまり患者様の単に病気や怪我を治すだけでなく、そのことを通じ、幸福感を得て頂き、素敵な笑顔の人生を送って頂けるよう、患者様のマイドクターとして今後も一生懸命努力して参りたいと思います。

四谷見附クリニック 院長 吉川嘉一郎

認定医証明書

院長紹介

「実績×誠実さ」一生お付き合い頂ける存在を目指して。

吉川院長は、平成10年に慶應義塾大学医学部卒業後、形成外科医として修練を積み、平成17年に形成外科学会認定専門医を取得しました。美容外科治療形成外科治療の延長線上でしかなく、研修医時代からずっと形成外科/美容外科の世界で修練を積み、腕を磨いてきました。形成外科としては眼瞼下垂、傷跡修正、乳房形成、顔面骨骨折手術など、美容外科としては二重形成、豊胸、フェイスリフトの修正手術などを行えるのも特徴です。

また、大変誠実で優しい性格をお持ちで、普段の診察においても、専門用語を使わずに、できるだけ平易な言葉で説明され、患者様に御自身の状態を理解して頂いた上で、納得して色々と施術を受けて頂きたい、一生お付き合い頂けるマイドクターのような存在を目指しているといつも申しております。

また、美容という医学に対して真っ直ぐ向き合っているため、我々スタッフの教育も非常に熱心に取り組んでおられます。我々も負けずに美容施術に必要な資格などを取得していこうと思っている次第です。

吉川院長をはじめ、四谷見附クリニックのスタッフ一同、患者様満足度向上のために、これからも精いっぱい努力して参ります。

四谷見附クリニック スタッフ一同

形成外科専門医になった理由

sample

私が形成外科を選んだ理由は、2つあります。1つは手術ができる科、もう1つは子供を多く診ることのできる科です。昔から色々と手で作ることが好きであったため、手術ができることは絶対条件でした。また、先天奇形を扱う形成外科であれば子供たちと接する機会を沢山もてると考えたためです。研修医時代より、怪我や病気により本来の容姿を失ってしまった患者様や、先天性の奇形を抱えた多くの子供たちの治療に尽力してきて、形成外科専門医となりました。

美容外科を始めた理由

形成外科専門医となり、色々と経験を積むうちに病気や怪我を治す、「マイナスからゼロ」だけではなく、「ゼロからプラス」にする美容外科の世界にも面白さと満足感を感じるようになり、形成外科医の目から見た美容外科を追求し、今まで培ってきた技術を美容外科にも還元したいと思い始めました。一人一人の個性を大事にしながら、ミリ単位の治療をすることで、その人固有の美しさを追求したいと思っております。パーツを綺麗にすることも大事なことではありますが、その人固有のパーツのバランスを大切にした上で綺麗に仕上げていくことが重要なことになります。パーツだけを綺麗にしていくと、みんな同じ顔に仕上がっていってしまいます。患者様と相談をしながら、その人に適した治療を一緒に選んでいく。あなただけの美しさを、四谷見附クリニックで一緒に探していければと思います。

診療へのこだわり

形成外科専門医として培ってきた経験からの、最適な治療による満足度の高い仕上がり、素早く的確な治療でダウンタイムを大幅に短縮するなどの良質な施術内容を提供し続けたいと思っています。
また、専門医としての経験から疾患治療は軽視できるものではなく「病気は健康保険で治療するべき」と私自身は考えているため、四谷見附クリニックは健康保険診療を基本として診療を致しております。
顔面の外傷や火傷、切り傷、水虫、風邪や下痢、腹痛などあらゆる不調やコンプレックスのご相談にもお気軽にお越し下さい。

院長略歴

平成10年 慶應義塾大学医学部 卒業
平成10年 慶應義塾大学医学部 形成外科学教室 入室
平成14年 慶應義塾大学医学部 形成外科学教室 チーフレジデント
平成16年 埼玉医科大学総合医療センター 形成外科出向 チーフ・病棟・外来医長
平成17年 形成外科学会認定専門医取得
平成18年 タカナシクリニック新宿 勤務
平成20年 タカナシクリニック新宿 副院長 就任
平成23年2月 四谷見附クリニック 新規開院
平成24年 日本レーザー医学会認定専門医および指導医取得

お問い合わせはこちら

お悩みから探す
ページトップへ

このサイトに掲載している文章・写真などの情報の無断転載を禁止します。著作権は四谷見附クリニックに帰属します。
また、サイト内に掲載している治療の実例以外の写真はモデルイメージです。また、治療の実例写真については個人差がございますので、必ず医師にご相談ください。

Copyrightc Yotsuya Mitsuke Clinic. All Rights Reserved.