シミのレーザー治療をする最適な時期は?

東京でシミ治療をするなら四谷見附クリニック


みなさんこんにちは。
今回はシミのレーザー治療をする最適な時期についてのお話しです。


顔や体にあるシミ・・何とかしたい!とご相談される方は一年を通して多くいらっしゃいます。
当院では、主にルビーレーザーを用いて治療を行います。(シミの状態によって使用するレーザーが変わることがあります


治療後は軟膏と茶色のテープ交換をご自身でおこなっていただきます。
お顔ですと1週間、お体ですと10日ほどでカサブタ状の黒い膜が剥がれてピンク色のお肌が出てきます。
ここで治療完了!!と思われがちですが・・・

治療後1か月頃よりレーザーを照射したことによる炎症後の色素沈着が出現します。
(怪我や火傷が治った後、しばらくお肌が茶色くなるのと同じです。)


色素沈着は3〜6か月(体の場合は6〜12か月)で自然に消失します
ここで治療完了となるので、紫外線予防などのアフターケアがとても大切になってきます


あまり紫外線の強い時期にレーザー治療をおこなってしまうと、その後のアフターケアが大変になってしまいます。
そのため、シミのレーザー治療をする最適な時期は紫外線の弱くなってきた今がおすすめです


なお、治療後にテープを貼ることができない方にはダウンタイムのないシミ治療「Picoリジュビネーション」、
レーザーリジュビネーション」もございます。
治療後お化粧をしてお帰りいただけるので、お仕事をされている方でも気軽にお受けいただけます。


シミの状態や患者さまのライフスタイルによって治療方法のご提案をさせていただきますので、お気軽にご相談下さい!
ページトップへ

このサイトに掲載している文章・写真などの情報の無断転載を禁止します。著作権は四谷見附クリニックに帰属します。
また、サイト内に掲載している治療の実例以外の写真はモデルイメージです。また、治療の実例写真については個人差がございますので、必ず医師にご相談ください。

2011 Copyright© Yotsuya Mitsuke Clinic. All Rights Reserved.