メラピール

MelaPeel Treatment  肝斑を克服したい・・・

  • アンチエイジング

メラピール

 フランスDERMACEUTIC社製のケミカルピーリングです。

メラピール

フランスのDermaceutic社のミルクピールは、肌質が良くなり、艶肌を手に入れられることから、当院でも大人気治療です。そのDermaceutic社からの、次世代治療として肝斑に特化した『メラピール』が生まれました。どちらの施術も、医療機関のみでの施術なので、アフターケアまでフォローもできて安心の治療です。
『メラピール』は、一度の治療で2種類のピーリング剤を使用します。植物由来のコウジ酸やフェルラ酸、フィチン酸により、メラニン生成をする酵素(チシロナーゼ)の抑制による美白効果・保湿効果に加え、肌の透明感も生まれます。また、強い抗酸化作用があるため、アンチエイジング効果もあるピーリングです。さらに、抗炎症作用のあるアゼライン酸やサリチル酸などの多くの酸が含まれているので、肝斑(肌のくすみ)・シミ・ソバカス・肌の炎症の改善にとても効果的です。
レーザー治療では治療が難しい肝斑で悩まれている方の力になりたい!という思いから、導入致しました。"肝斑"でお悩みの方が、『メラピール』により、肌だけでなく、気持ちも明るくなれるお手伝いをさせていただきたいと思います。

当院のメラピールの特徴

  • 当院は医療機関のため、万が一皮膚トラブルが起こった場合も迅速な対処を施すことが可能です。
  • メラピールトリートメントの効果を高めるための"メラクリーム"も併用できます。

ミルクピール、施術概要および効果・効能

施術概要

患者様の肌の状態を診て効果的に治療を行います

効果・効能

・肝斑、シミ、くすみの減少  
・肌艶を整え(保湿)、肌の輝きや明るさが増す(透明感) 
・美白 
・抗酸化作用があるため、アンチエイジングのも効果的

メラピール、施術に関して

施術時間 30分程
※治療後、薬剤を塗布したままお帰りいただくため、なるべく 日照が少ない夕方以降(16時以降)の施術をお勧めしております。 

"メラピールは3ステップによる治療" 
① フォーマー15でクレンジング 
② アクティバピール塗布 
③ メラピール塗布→2〜6時間後に自宅で洗い流す 
※見えないマスクをつけたま帰宅
施術後通院 1ヶ月に一度(症状に応じて異なる)の施術で3回を1クールとして施術
ダウンタイム 特になし
メイク 治療後2〜6時間はお化粧ができません。
洗顔 当日より可
※治療後(患者様の皮膚の忍容性に応じて)2〜6時間後にで洗い流します。
入浴 当日より可

その他の注意点

※過酸化ベンゾイル、レチノイン酸などの薬剤を使用している患者様は、メラピールの開始2週間前までに、その治療を中止してください。

※明らかな日焼けをしている方は、治療をお断りすることがあります。

※妊娠中あるいは授乳中の方は、メラピールを施術していただくことはできません。 

※メラピール施術後は、角質が薄くなっているため、紫外線予防が必要です。また、治療後の肌は敏感になっているため、刺激の強い洗顔料の使用はお控えください。


施術料金

メラピール

1回 \20,000+税

※この他に初診料3,000円+税、再診料1,500円+税がかかります。

自費診療については、各種クレジットカードがご利用頂けます。

取り扱いクレジットカード

吉川院長からのアドバイス

レーザー治療をしたけれども改善しない肝斑の方、メラピールを試してみて下さい。そのため、UVケアや保湿など十分なスキンケアをしっかりと行って下さい。

お問い合わせはこちら

お悩みから探す
ページトップへ

このサイトに掲載している文章・写真などの情報の無断転載を禁止します。著作権は四谷見附クリニックに帰属します。
また、サイト内に掲載している治療の実例以外の写真はモデルイメージです。また、治療の実例写真については個人差がございますので、必ず医師にご相談ください。

Copyrightc Yotsuya Mitsuke Clinic. All Rights Reserved.