腱膜性眼瞼下垂の治療法(松尾法)

| トラックバック(0)
眼瞼下垂の達人」第5章を追加しました。

腱膜性眼瞼下垂は後天性眼瞼下垂症の中でしばしばみかける眼瞼下垂になります。
簡単にいうと、眼瞼(まぶた)を上げる筋肉はしっかりとしているにも関わらず目が開かない状態です。『腱膜固定術が主流になりますが、これは信州大学の松尾教授が考案されたため、松尾法とも呼ばれております。

img_ptosis_septum_plication_small.jpg

 短くまとめてみたので御興味のある方、是非参照してみて下さい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ym-clinic.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/58

ページトップへ

このサイトに掲載している文章・写真などの情報の無断転載を禁止します。著作権は四谷見附クリニックに帰属します。
また、サイト内に掲載している治療の実例以外の写真はモデルイメージです。また、治療の実例写真については個人差がございますので、必ず医師にご相談ください。

2011 Copyright© Yotsuya Mitsuke Clinic. All Rights Reserved.