Vビームレーザーとニキビ

| トラックバック(0)
Vビームレーザーとは、血液(ヘモグロビン)に反応するレーザーです。
ヘモグロビンに熱を打ち込み、そのエネルギーで皮膚の赤みの原因となる毛細血管を破壊します。
Vビームレーザーは血管腫(赤アザ)や毛細血管拡張症(赤ら顔)、酒さ、などに対して健康保険適用治療としての認可があります。

 実は、米国では2004年にVビームレーザーニキビ(ざ瘡)治療に対する有効性をFDAにより承認されています。にきび跡の赤みの原因となる毛細血管に熱を加え破壊することで、にきび跡の凹み治療や赤みの改善に効果があるとされました。

 キャンデラ社のVビームレーザーと同社ジェントルレーズ『レーザーフェイシャルの併用治療を行う事で、頑固なニキビを更に効果的に退治することができます。

 また、Vビームレーザーは設定を変えることで真皮にある繊維芽細胞を刺激してコラーゲン生成を促すため、肌のハリを取り戻すレーザータイトニングとなります。たるみ治療の定番『サーマクールCPT高周波治療)施術後のメンテナンスとして『ラディエイジ高周波治療)同様に非常に人気のある治療となります。

Vビームレーザーと色素レーザー(ダイレーザー)との違いをたまに尋ねられますが、基本的には同じです。Vビームレーザーは皮膚深くまで到達するように波長が少し長くなり、照射時間が調節できるようになったため、色々な太さの毛細血管に有効となりました。


ボトックスという単語は以前よりも耳にすることが多くなったと思います。
なんとなくボトックス=シワを消す薬?」と多くの人がご理解されているのではないでしょうか?

それではボトックスビスタとは??
最近たまに質問される様になってきました。

今日ではボツリヌス製剤のことを一般的にボトックスと呼ぶことが多くなっておりますが、本来「ボトックス」とは米アラガン社のボツリヌス製剤のことです。以前よりアメリカではアラガン社の「ボトックス」が眉間のシワ治療薬としてFDA(米食品医薬品局:日本では厚生労働省)で承認されています。

日本でも「ボトックス」は眼瞼痙攣片側顔面痙攣痙性斜頚などの疾患に対して厚生労働省の承認がありました。ボトックスビスタは日本人での有効性・安全性が確認され、2009年1月に美容領域でも「眉間のシワ治療薬」として承認され、日本のアンチエイジング医療に提供できることとなりました。これにより本国でも品質保証のあるボトックスビスタを用いて「質の高い安心」のアンチエイジング医療をお求め頂いくことができるようになりました。

作用機序としては「表情ジワ」を形成する表情筋に注射することによって、筋肉の収縮を抑制し、一定期間「表情ジワ」を改善します。現在世界50カ国以上で承認され、広く美容医療およびアンチエイジングに使用されている安全な薬剤です。

ボトックスビスタのご使用希望があれば、スタッフまでお申し付け下さい。
毎年当たり前のように新春のご挨拶をしておりましたが、今年はためらいがあるという人も多いと思います。
私も悩みました。
色々と考えました。
でも今年も元気よく言うことに決めました。

『明けましておめでとうございます。』

皆様はどのようなお正月を過ごされましたか?

昨年は色々とありましたが、沢山の患者様にご来院いただき心から感謝申し上げます。
今年もより一層気を引き締めて職務を全うしたいと思っております。

今年一年が、皆様にとっても、素晴らしい年になりますように。 
本年も宜しくお願い申し上げ
  • 1

営業日カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2018年01月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カレンダーここまで
ページトップへ

このサイトに掲載している文章・写真などの情報の無断転載を禁止します。著作権は四谷見附クリニックに帰属します。
また、サイト内に掲載している治療の実例以外の写真はモデルイメージです。また、治療の実例写真については個人差がございますので、必ず医師にご相談ください。

2011 Copyright© Yotsuya Mitsuke Clinic. All Rights Reserved.