クマ (青クマ)

| トラックバック(0)
クマ治療についてお話いたします。

「クマを治したい!」、「クマを無くしたい!」と訪れる患者様は大勢いらっしゃいますが、
その「クマ」がどうして出来ているのか、原因がなんであるのかご存知の方は殆どいらっしゃいません。そして、「クマ=ヒアルロン酸と思われている方が大勢いらっしゃるような気がします。

 当院ではクマを黒クマ茶クマ青クマと原因により呼び分けています。それぞれの説明及び治療法は診療ページを見て頂きたく思います。

 先日「クマ」が悩みで来院された患者様は目の下が腫れぼったく、青色をしていました。我々専門医師が診ると、診た瞬間に原因の分かる「青クマ」でした。今まで他院でその「クマ」に対してヒアルロン酸治療を何度も受けてきたにも関わらず改善しないとのことでした。
 それもその筈、「青クマ」の正体は間違いなく治療に使ったヒアルロン酸なのですから・・・。恐らく初めは「黒クマ」治療の為に入れ始めたヒアルロン酸がいつしか皮膚の下に青く透けて見えるようになり、医原性の「青クマ」となってしまったのです。  (※医療行為により生じたもの)

 ヒアルロン酸注入により出来上がった「青クマ」の治療法は診療ページには記載しておりませんが、特にそう難しいことではありません。ヒアルロニダーゼというヒアルロン酸を溶かす薬を注入するだけで大丈夫です。ヒアルロン酸が溶けることでこの「青クマ」は消失して、元の状態の黒クマが現れました。せっかく注入したヒアルロン酸を溶かすことになるので抵抗もあるかも知れませんが、元の「クマ」に戻した上で適切なクマ治療をすれば「クマ」は改善します。

今まで色々とクマ治療をしてきたけれども改善がみとめられない方、クマの原因の説明をしっかりと受けた上で治療をしていますか!?

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ym-clinic.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/38

ページトップへ

このサイトに掲載している文章・写真などの情報の無断転載を禁止します。著作権は四谷見附クリニックに帰属します。
また、サイト内に掲載している治療の実例以外の写真はモデルイメージです。また、治療の実例写真については個人差がございますので、必ず医師にご相談ください。

2011 Copyright© Yotsuya Mitsuke Clinic. All Rights Reserved.