イボ(いぼ)

| トラックバック(0)
 久しぶりの更新になります。
未だ原発ニュースが止まない日々が続いていますね。
1日でも早く復興することを願うばかりです。

 さて、今日は「いぼ」について書いてみようと思います。
最近「いぼ」や「うおのめ」治療目的の患者様が多いのですが、診察してみると大概は「いぼウイルス」による「いぼ」が多くみとめられます。
「いぼ」だから・・・と治療をせずに放っておかれる方が少なくないようです。でも、放置しておくといぼは増えます!いぼの中には「いぼウイルス」が詰まっており、周囲の皮膚や接触する部分に容易にうつってしまいます。1つ残らず早めに治療することをお勧めします。
 従来は保険診療としてスピール膏を貼って、角質をふやかして取り除いたり、液体窒素という冷たい液体で局所を焼いたりなどして治療していました。しかし痛い割りになかなかとれず再発することも多く・・・。
 当院では保険診療以外に炭酸ガスレーザーあるいはV−ビームレーザーを使用してのいぼ治療を推奨しています。炭酸ガスレーザー治療は施術後痛みが1〜2日続きます。V−ビームレーザーは本来「赤あざ「赤ら顔(毛細血管拡張症)」の治療を行うレーザーですが、いぼ治療にも非常に高い効果をみとめます。施術後の痛みも殆どなく、非常に楽に治療が続けられると好評です。

 つい先日当院のスタッフの足の裏にもいぼがあったため、V−ビームレーザーで治療をしてみました。レーザー照射の瞬間は痛いようですが、その後の痛みはなく、足を引きずる事もなく元気に仕事を続けていました。
 
 今までの治療で「いぼ」がとりきれなかった方、あるいは施術後の痛みが辛くて治療を避けられている方、思っている以上に楽に「いぼ」はとれますよ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ym-clinic.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/35

ページトップへ

このサイトに掲載している文章・写真などの情報の無断転載を禁止します。著作権は四谷見附クリニックに帰属します。
また、サイト内に掲載している治療の実例以外の写真はモデルイメージです。また、治療の実例写真については個人差がございますので、必ず医師にご相談ください。

2011 Copyright© Yotsuya Mitsuke Clinic. All Rights Reserved.